Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ブリサあと数日か数ヶ月か

まずは結果から・・・

ブリサ、膵炎になりました。
急性ではなく徐々に進行していたようです。

夕べから食欲も元気もなくなり黄疸のように白目が黄色くなってきたので
今朝病院へ連れて行きました。

このままだったらあと数日の命だったと・・・。

1週間点滴と注射で黄疸が引いてきたらその後の処置をする。
もし黄疸が引かなかったらあきらめるしかないと・・・。

さて、事の経緯ですが
長文になりますし
まだ私自身も落ち着いてないので思いつくまま書いてしまうので
興味の無い方はスルーしてください。
覚書です。

14046138340.png




5月頃、ちょうど季節の変わり目の時に嘔吐が何回かありました。
昔からのことなのですぐに治まってそれほど気にせずに居ました。

それが2週間ほど前から1日1回か2日に一回の嘔吐が続いていました。
厳密には嘔吐ではなく胃腸まで届く前のものの「吐き出し」という状態。

そうこうしているうちに
尿の色がオレンジに近い濃い色になってきたので
昔発症したストルバイト結石の再発かと。

ブリサ自身は相変わらずめっちゃ元気で吐いても食欲があるらしく
フードをふやかして様子を見ながら少しずつ1日3~4回に分けて食べさせたり
野菜スープなどの半流動食を続けていました。

お散歩も元気いっぱい。多少は口にしてるのでウンチも少ないけれど出てました。

さて、容態が急変したのは金曜日。
散歩には行くけれど歩き方に元気がなく
ごはんも食べようとせず・・・。
スポーツドリンクやりんごジュースも飲まず。
水だけを時々飲んでいたぐらい。

そして先にも書きましたが黄疸か?と、白目が黄色になってきました。

月曜日まで様子を見ることが出来ず、日曜日にやってる病院へ。
血液検査、エコー、尿検査 レントゲンをやりました。

血液検査で、明らかに膵炎だと。
病院の検査機械の数値を振り切る程の値でした。
但し、膵炎はかなり複雑らしくて別の機関に精密検査をしてもらってます。

その他、肝機能についても同上。すごい数値でした。
レントゲンでは石のようなものも見られず
膵炎の詳細を調べてみなければわからないと。

急性でないというのは
尿検査の結果が意外と普通だったり
正常値のところも結構あったからかもしれないと先生がおっしゃってました。

処置方法は一番先に書きましたが
恐る恐る手術のことを聞いてみたところ
膵臓の手術はかなり難しく
ブリサの場合は症状がかなり悪いのでまず手術では治らないとはっきり言われました。
しかも高齢だし。

私も手術はさせる気はありません。
麻酔に耐えられるだけの体力もないだろうし。

まずは数日の点滴と注射で黄疸の症状が治まるのを祈るのみです。

もし治まっても膵炎というのは完治しにくいらしいので
食事療法や投薬で長く付き合っていかなければならないと。
この治療についてはまだ詳しく聞かされてませんが
延命治療的な処置であれば、悲しいけれど自然に任せたいと思います。

長生きしてほしいと思う反面、高齢と割り切って無理な延命治療もしたくないというのはわがままでしょうか。

書いてるうちに涙が出てどうしようもありません。
すみません。またその後の状況は後日お伝えします。

ここまで読んでくださって有難うございました。









スポンサーサイト

2014-07-06(Sun) 13:09| ワンコ| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。