Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ブリサ急遽入院

14047861050.png

ブリサ通院3日目・・・のはずが急遽入院しました。

今朝の様子:
ハウスから出したけれどまだ眠いような感じ。
いつもならハウスの入口を開けた途端に走り出してくるけれど
今日はよたよた。
そんな感じだったので
お散歩なし、庭でトイレのみ。少量、濃い色。

昨日は病院から帰ってめっちゃ元気になって
台所うろうろしてたのに・・・ちょっと心配。

とりあえず点滴と注射3日目のため病院へ。



今日は外部機関に出した膵臓の検査結果の出る日。

まずその結果では白・・・でした???

院内血液検査では明らかに数値を振り切るほどのリパーゼの数値(5625u/l ≧ 200~1800u/l)
だったので明らかに膵炎と考えていたので
先生もおかしいと思って再検査を依頼したところ
2度目の検査結果でも白。

ということで膵炎ではないと判断されました。

では何が原因なのか?

前回の血液検査では
肝機能の数値がどれもこれも異常に高かったこと。
これから考えると
肝臓・胆嚢・胆管・十二指腸のいずれかが損傷しているのではないかと。
エコーでは石らしきものもなかったので
胆石でもない。

結局膵臓だけが原因ではないとわかったので
絶食状態から開放して少しずつフードで様子を見てみるしかない・・・と。

そしてこの後、入院を決定付けることがわかりました。

再度血液検査しました。
全体的に数値は下がっていたものの
やはり肝機能関連がまだまだ範囲超えの数値。
それ以外では
血糖値が以上に低くなっていました(前回は正常値内)。

今朝の問診で尿量がかなり少なかったことや
元気がないことなどを伝えていたこととも関連して
ともかく血糖値を上げなければダメだと。

追加点滴の必要があるため急遽入院となりました。


寂しいけれど、病院に預けていたほうが安心やし
無事に元気になって帰ってくること待つのみ・・・です。

あ、先生の名誉のために断っておきますが
膵炎と判断したあとに膵炎でなかったというのは
ヤブ医者なわけではありません。

むしろすごくよく見てくれてきちんと説明してくれて
久しぶりに良い先生とめぐり合えたと思うぐらいの方です。

なんでもデータの時代です。
「絶対」ということは当てはまらないのが生き物(人間も含めて)だと思ってます。

先生、宜しくお願いします。

スポンサーサイト

2014-07-08(Tue) 11:20| ワンコ| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。