Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

開店前に


FBでは連日の試し焼きなどをアップしてましたが、
こちらは放置プレイでお許しを。



ほとんど毎日1斤だけとか、はたまた10斤とか
とにかく焼きまくってます。



毎日温度をノートに記録して
色んな焼き方を試してます。

石窯の温度の上がり方は大体安定してきて
1~2時間で上がる温度もなんとなくわかってきました。

↑の画像のように大量に焼く時は生地量が多いので
ミキサーもデビュー。
職場を離れて一年経って
久しぶりの大量のミキシングにカンゲキ!

と、色々楽しみながらやってはいるものの
一方では新たな問題も出てきました。

この石窯は
追い炊きせずに一度上がったら火を消して窯内に蓄えた熱だけで
パンを焼くんです。

ってことは、もちろん蓄熱性があるといっても
数時間経てば温度が下がってくるのは当たり前。

はたしてパン生地の出し入れを何回できるか・・・と。

うちの窯、
側はデカイけれど
中は6取り天板2枚しか入らない大きさ。
大量に焼かないとは言え
せめて2回~3回転ぐらいはさせないとアカンな~と思ってますが・・・。

ちなみに4~5時間後も130~150度をキープしてるけれど
電気やガスオーブンと違って加熱しないから
この温度では焼色が付かないわけなんです。

もちろんじっくり時間をかければ多少は付きます。

んんん~~色々と考えてますが
3時間炊いて350~390度
消火したら最初の30分でかなり温度が下がります。
その後の蓄熱性はすごいんですけどね。。。

パンの量によっては
途中追い炊き必要かも。

まだ時間があるのでもうちょっと考えてみます。








スポンサーサイト

2014-10-22(Wed) 08:03| 日々のこと| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。