Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生まれ変わり

保護されて新しい家族を待ってる子、
保健所で明日を迎えられるかどうか分からない子たちが沢山居ます。


そんな記事をfbで毎日のように目にしていると、
新しく誕生した命を迎えることに罪悪感を感じて
悩んでいた時期がありました。

14357313360.png


2月、3月頃から
亡きブリサの事で毎日泣く生活から脱出したい・・・と
ようやくまた新しい家族を迎えようかと気持ちが動きはじめ
ブリーダーさんと連絡を取り始めました。
すぐではなく気長に待つつもりで。

そんな矢先に
突然に里親になってヤマトを迎えることになって
一転して毎日バタバタ賑やかに過ごすようになり
ブリーダーさんに連絡を取っていたことすら忘れてしまうほどでした。

正直、途中から来た子でしかも老犬となると
愛情が湧くかどうかわかりませんでしたが
幸いヤマトは既にしっかりと訓練が入っていて
性格がびっくりするほど穏やかで表情がやさしく。

そう、亡きフロールにそっくり!
フロールの生まれ変わりかもしれないと。
ヤマトが日に日に愛おしく愛おしく・・・。
今ではなくてはならない存在。

そんな日を過ごして数ヶ月。
数件のブリーダーさんから「生まれました」の連絡。
集中するもんなんですね。

はぁ~。。。
もういいか・・・。
ヤマトだけで充分かな・・・って。

環境の変化などによる分離不安症のヤマトに梃子摺って大変だったり
店の事にも集中したかったり、
そして、
冒頭に書いたような罪悪感などの理由から
せっかくのお話をお断りし、見送って来ました。


それが、ヤマトの分離不安症が落ち着いて来た時でした。

ちょっと運命的なものを感じた連絡があり、居ても立っても居られず
岐阜まで会いに行ってきました。


新しく生まれた命もかけがえのない命。
保健所や施設で家族を待ってる沢山のワンちゃんたちには
「ごめんね、助けてあげられなくて」
って謝りながら

もう一度フロールとブリサのことを思い出して
一から育てたいとコーギーを選びました。


ブリサの一周忌の頃、新しい家族を迎えます。
ブリサの生まれ変わりだと思って大事に育てたい。

あ、躾はヤマトに頼みました(笑)

スポンサーサイト

2015-07-01(Wed) 15:08| ワンコ| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。