Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

引取りを断念しました

ワンコネタが続いて恐縮です。

これまで回復経過を書いて来た「こむぎ」ですが
今回、色々と事情があって引取りを断念しました。

ワンコにはなんの罪もなく
結局は人間のエゴを理由にした決断だったので
時間が経つに連れて辛くなります。




あまり詳しくは書きませんが・・・

途中表現が悪いところがありますが読んでる方はご了承ください。!!

かなり回復して引取りが早くなりそうだったので
ブリーダーさんに引き取り時の金額を改めて尋ねたところ
当初の値段で言われました。

これって、とてもおかしな話なんですね。

ワンコたちってペットショップであろうとブリーダーさんの元であろうと
成長するにつれてやはり金額が下がります。

そして、今回はケガをして縫って
いわゆる「キズがついてしまった」わけで
商品価値が下がってしまったわけです。
(言い方悪くてごめんなさい!)


私達はそのことを最初から納得して
キズを負っても「こむぎ」には変わりないわけだし
成長過程でどんな後遺症が出てくるかもわからないというリスクを負いながらも
里親として引き取るつもりでいました。

だからと言って
あちらで起きた過失でも治療費などかなり掛かってると思われるので
全くタダで引き取るなんてことも考えてませんでした。

交渉の余地はあるだろうと・・・。


ところがブリーダーさんは
何事もなかったかのように
「当初の値段でいいです」

って返事をしてきました。

この最後尾の「いいです」の後には
「治療費とか手術費とかかなりかかりましたけどね・・・」って。


それって、どう考えてもおかしいですよね?


ケガした直後に連絡もなく、連絡があったのは一週間後。
しかも私達の予約後にもかかわらず
謝罪の言葉がないどころか一方的に保留を言われ・・・。

それでも私達は引き取る意志は強く居たのに
なんだか裏切られた気持ちでした。


当初の値段というのには少々納得できませんでした。

キズモノということは別としても
今後発症するかもしれない後遺症の不安を抱えることは
15年近く生活するうえでとても大きな不安だったので

そんな気持ちなどは全く理解されていない様子でした。


相方と話し合った結果
腑に落ちないことが多すぎて
こむぎは可愛いし、すでに自分の子のように愛情が湧いていたけれど
泣く泣く引き取りを断念しました。

縁がなかったとあきらめるしかないのか・・・辛いです。
一生懸命ご飯を食べてる写真を見るたびに辛くなります。

生死をさまよって元気になった彼女は多分とても生命力がある子なんだと思います。
今後きちんと治ったら里子に出ることになるかもしれません。
どうか良い飼い主さんが見つかりますように。

私が言うべきことじゃないかもしれないけれど
彼女の幸せを遠くから祈るばかりです。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
こんな結果になり本当に申し訳ありませんでした。

コーギーちゃん、ごめんね。
ほんとにごめんね。




スポンサーサイト

2015-07-23(Thu) 08:23| ワンコ| トラックバック(-)| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。