Entries / Comments

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

嬉し涙の宴

今日は祖母の月命日だったので
大阪へ帰って初めてのお墓参りに・・・。

そして夕方からは
近所に住む父の弟夫婦を呼んで鍋を囲んで楽しい宴~~♪





叔父は私が生まれた時からずっと可愛がってくれて
父と違ってずっとお兄ちゃんと言うイメージが残ってるような楽しい人。
未だに○○ちゃん・・・と叔父のことを呼んでるけれど
もう60近いんやねぇ~・・・って、そりゃ私も年が年なので当たり前なんやけどね(;^_^A

今日叔父たちを呼んだわけは
私が離婚して帰ってくる前に家の整理でタンスの移動やら
力仕事などを手伝ってもらったり
色々と心配をかけたのでその御礼を兼ねて・・・。

両親にとっても久しぶりの叔父との飲み会だったので
かなり盛り上がって楽しく過ごせたんよね~。

その中で沢山嬉しかった事があったけれど
特に嬉しかった事は

叔父がちょっと遠慮しながらも
「ますみが帰って来てくれて正直嬉しい」と言ってくれたこと。

そして、あれこれと思い出話をしているうちに
私も感極まって本音を話しだして泣いてしまったりしたけれど
その時に母の気持ちをしっかり聞くことが出来たこと。

「自分の子をなんで憎いなんて思うんよっ!そんなワケないがなっ!」と。

母もちょっと声を詰まらせながら

「おばあちゃんにアンタを(私のこと)を取られて
抱っこすらできなかったんや。」と。

母は母なりに辛かったんやね。
ごめんねお母さん。

今日は少し、いやかなりすっきりした。
母もきっと・・・。

父も叔父の言葉に便乗して(?)
私が帰ってきたことを「そりゃうれしいがなっ!」と言ってるのをしっかり聞き逃さなかったよん(^.^)b。
しかも、これは喜んでよいのかわからんけれど
自分の足で立てないほど飲んでた父(゜ロ゜)///
こんなに飲んだのを見たのは初めて~~!

なんせ、その場で倒れた父を抱えてトイレに連れて行くなんて
私自身想像だにしてませんでしたからっ!(T▽T)アハアハ

いっぱいいっぱい心配かけてしまったけれど
自分では気が付かないところで
皆に大事にされていたんだな~と実感。


愛されてないと思っていたのは間違い。
愛情を拒絶していたのは自分だったんやね。

まだまだ感謝の気持ちがぜ~んぜん足りない!
もっともっと素直にならないとアカンね。


人を愛せなかった私を愛してくれてありがとう。








スポンサーサイト

2007-11-23(Fri) 22:46| 日々のこと| トラックバック(-)| コメント 11

コメント

いやん……。
泣いてしまいました。
よかったですね、本当に……。

2007-11-24(Sat) 09:45 | URL | izumimirun #-[ 編集]

わたしも・・・

お久しぶりです。
なんだか私も、うるうるです。(苦笑)
戻ってこなければこうして確認しあう事がなかったのだから意味のあることだったんですね。^^
いつも読み逃げだったのですが(すいません)、思わずコメントしちゃいました。

2007-11-24(Sat) 19:39 | URL | MY #Sur53OrQ[ 編集]

★izumimirunさんへ★

こんばんは~。
私もびっくり&嬉しくて
有意義な時間でした。
一緒に喜んでくださって
ほんとにありがとうございます。

2007-11-24(Sat) 20:02 | URL | ますみ #-[ 編集]

★MYさんへ★

こんばんは~。
MYさんのおっしゃるとおり
離れたままで居たらずっと誤解したままで居た事を今回ちゃんと確認できたのは
とても良かったな~って思ってます。
母の涙はわすれません。
MYさん、ありがとうございます~!

2007-11-24(Sat) 20:04 | URL | ますみ #-[ 編集]

こちらでもこんにちは~!
ご家族の言葉、素敵ですね。
家族って距離が近すぎる面があって、大事にしてるのかどうなのかわからなくなっちゃうんですけども、ふとした折に親の愛情の深さを感じて、はっとすることがあります。そういうとき、「わたしみたいな存在でも大事に思われてるんだなぁ」ということを実感して、うるうるしてしまったり。
自分がいることを喜んでくれるのは、きっと理屈とかじゃなくて、もう本能的な家族の情なんだろうなぁと思います。家族はものすごく基本的な人間関係の単位だけど、その分奥深くて、学ぶこともほんとに多いですね…。
記事を読んでいて、思わずもらい泣きしてしまいました~。

2007-11-24(Sat) 20:25 | URL | ぴりこ #ZINy1b3g[ 編集]

★ぴりこさんへ★

おはようございま~す!こちらにも来てくださってありがとうございます!
ぴりこさんのおっしゃるとおり
親や身内って距離が近すぎて灯台下暗しになってしまう部分が多いんですね。
改めて気付きました。
そっか~。「本能」なんですね。
私は子供を産んだことがないからそう言う本能を感じ取るには時間がかかるのかも。
一番身近なことを大事にしなきゃ
仕事や環境の事など、他の事なんて大事にできないですよね。
ありがとうぴりこさん!

2007-11-25(Sun) 08:59 | URL | ますみ #-[ 編集]

よかったな~!!
そうそう、わが子を憎むわけが無いよ!

愛されてるのって幸せですよね♪
わたしもわが子に愛されてるから
超~幸せです♡

仕事もますみさんが心が安定したら
必ず自分がしたい仕事に巡り合えると思う!!

わたしも今がそうですね^^
本業じゃなく副業ですけど・・・(笑)

2007-11-25(Sun) 14:35 | URL | みぃ #-[ 編集]

★みぃさんへ★

こんばんは!
うん、ほんと良かったよ~♪
ありがとね、みぃさん、ありがと~~!
ココロも少しずつ回復してるのかな。
仕事は焦らずにココロと向き合いながら進めて行った方がいいのかもね~。
お互い「これだ!」と思う仕事にめぐり合えるように頑張ろうね~p(^^)q

2007-11-25(Sun) 19:37 | URL | ますみ #-[ 編集]

やっぱりどんな形であれ、親は子を想っているんですよね…
私の病気は結構過去の家族関係が原因だったりして、親を責める気持ちが少なからずあったり、もっと受け入れて欲しいという願望が無意識にあったりしたんですが、本当は気付いていないだけで、愛情はしっかり存在してるんですよね。
ますみさんがご家族や親類に愛されている様子が伺えて、私も幸せな気持ちになりました。

2007-11-28(Wed) 12:57 | URL | つづこ #-[ 編集]

★つづこさんへ★

こんばんは。
ほんとにそうですね。
私は子供を持った事がないから親の気持ちには人一倍鈍感なのかもしれませんね。
親不孝者かもしれませんけど・・・(;^_^A
つづこさんは私なんかよりずっと苦労されてるんですね。
親を責めることは時には必要だと思います。
でもね、最後には口に出して言わなくても
「ありがとう」の気持ちを持っていればきっと替わってくるはずだって信じてます。
私もね「受け入れてほしい」と思ってたんですが
逆に先に母の気持ちを受け入れようと思ったらすこしだけ(ほんのちょっとだけですけど)楽になりました。

2007-11-28(Wed) 20:29 | URL | ますみ #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-11-29(Thu) 13:44 | | #[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Moon

Profile

今日的中文

Search

Links

Links(Blogpeople)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。